美容師に向いている人の特徴!

美容師に向いていると言うと、イメージではおしゃれが好きな人、センスがある、器用な人と言ったイメージを持つ事が多いかも知れません。例えおしゃれが好きでセンスがあったとしても、それだけでは美容師にはなれないでしょう。努力を惜しまない人や人との関わりを楽しむ事が出来る人は美容師に向いているでしょうね。アシスタント時代はとにかく毎日が、努力の積み重ねなので根気が必要ですね。スタイリストとして活躍できるのは、平均3年から4年かかるようですよ。

美容師になるためには??

美容師として美容室で働くには、国家資格である美容師免許が必要となるようですね。高校を卒業後2年間美容師専門学校に通って勉強し、国家試験を受ける資格取得が必要になるでしょう。通学制だけではなく通信制もあるようなので、通学するのが困難な人でも資格が取得出来るのは良いですよね。国家試験は、筆記試験と実技試験があるようです。取得後大体は美容室で働く人が多いですが、ヘアメイク事務所やブライダル関連などで働く人もいるようですね。

給料はいくら?高い?安い?

輝いている職業に見えるので、給料も良いのかな?と思いがちですが、待遇は厳しくアシスタントからのスタートで、初任給が10万前半くらいのようです。思ったより少ないのが現実と言った所です。国家資格でもあるので、もう少し高くてもいいのでは?と思うのですが、現実は厳しいですね。スタイリストに昇格すると20万程度にはなるようです。売れっ子美容師となると、年収1000万を超える人もいるようです。そこまでになるには、下積み時代にきちんと技術などを習得して、努力が必要なのでしょうね。

美容師の求人に関心があるなら、効率よく探すことが重要です。求人サイトを利用すれば、希望のエリアや報酬から探すことができます。