幼少期を海外で過ごした帰国子女であること

両親の仕事の関係で小学校低学年から中学校に上がるまでをオーストラリアで過ごした、といった帰国子女の人もいるかもしれません。海外生活が長ければ長いほど語学力もあると思われるようです。帰国子女であることは留学経験や語学の資格同様に語学力があるという判断基準になることもありますので、履歴書に書いておいて損はないと思われます。フランス語などができる場合、英語に比べて流暢に話せる人が少ないので書いておくと目に留まるでしょう。

長期の留学経験があること

「一年間アメリカに語学留学していました。」など長期の留学経験があると英語でやり取りができると思われることも多いようです。また語学のみならず、経済や医療など他の専門分野で長期間学んでいたことも高く評価されます。日本語で研究するのでも時間がかかることを他言語で学び続けるのはなかなか難しく、根気のいることなのでその頑張りが評価されるのです。英語を使って働くにあたって、長期の留学経験がある人はここで培ったことが生きてくるはずですよ。

ハイレベルな英語の資格

英語の資格といってもたくさんありますが、ビジネス英語の能力が試される試験でハイスコアを獲得していると外資系の転職に強いと言われています。ですから履歴書にこのような資格で高得点を取ったことが書かれていると「この人は英語を使って仕事ができそうだ!」と一目置かれます。外資系のエアラインやホテルのスタッフなど、英語を使った仕事に転職したいと考えているならビジネスシーンで使われる英語の習得を目指して頑張りましょう。

営業の転職サイトは求人情報が掲載されている以外にも、相談や面接の対策などのサポートも充実しています。