保育士になるには資格が必須?

保育士として働くためには、保育士資格が必要となります。過去では保育士は女性の仕事といったイメージが強くありましたが、現在では男性の方の多くが保育士になる事を志しているんですよ。また、保育士資格と混同している方が多いのが幼稚園教諭ですが、異なる点として、保育士資格が厚生労働省、幼稚園教諭が文部科学省の管轄である事が挙げられます。保育園と幼稚園のどちらで働きたいか明確にする事で目指す資格が変わる事を忘れないようにする事が大切なんですね。

保育士資格を取得するメリットとは?

保育士資格を取得する事で保育園に勤務出来る事だけがメリットではないんですよ。資格は国家資格となっている事や1度取得すると更新の必要がないといった特徴があるので、妊娠や出産といった子育てで現場から離れブランクがある場合でも経験を活かして再就職がしやすいといった点が挙げられます。また、共働きの家庭が増加している事で保育園や保育士の需要が高くなっています。正社員としての勤務だけではなく、パートやアルバイトの求人も多くある事で自分のライフスタイルに合わせる事が出来る点もメリットですよね。

保育士資格を取得する方法とは?

保育士資格の取得で代表的となっているのが、厚生労働省が指定している大学や専門学校で課程を修了し卒業する事です。卒業と同時に資格を取得する事が出来るので試験を受ける必要がない事や大学と専門学校で通う年数を選ぶ事が出来るといったメリットがあります。また、指定の学校を卒業しない場合でも毎年1回行われている保育士試験を受験し合格する事で取得をする事も可能です。進学と比較すると費用を抑える事が出来るといったメリットがありますが、試験に合格しなければいけない事や受験資格が設けられているので事前に確認する事が必要となるので忘れないようにしましょう。

保育士の求人を探す際には、求人情報を専門で扱うサイトだけでなく、保育施設が運営するサイト内でも探すことができます。