介護職は専門職としての働き方になります

かつて日本の労働形態は終身雇用制が中心でした。そのため学校を卒業すると、最初に就職した会社で定年まで勤めるが一般的だったのです。終身雇用は安定して働くことができる反面、最初の就職した会社で失敗すると一生影響を受けることになりますし、その会社を退職すると転職や再就職は大変不利な状態になってしまいます。この雇用形態は「就社」で会社に就職するもので、会社内では優秀であっても一歩外に出るとその力量は認められるものではありません。介護の仕事は、会社とは関係なく「仕事」に対してキャリアを積むことができる専門職なのです。

介護職は女性にとっても新しい職業になります

女性の場合、学校を卒業して就職しても、結婚・出産で会社を離れることが多いものです。そうして、いざ子どもが大きくなったからもう一度働こうと思っても、なかなか適当な仕事を見つけられません。パートの仕事としての軽作業はあっても、一生の仕事という職場で働くことができないといえます。介護職は、特定の会社のやり方ではなく、介護の仕事についての専門知識や技術を身に付けた人たちです。特定企業にしばられることはなく、専門知識や技術が評価されるので再就職に有利なのです。

介護福祉士は専門職です

介護福祉士は専門職であり、ほかの施設で働いた期間も介護職の経験として評価されるのです。むしろ、いろいろな職場を経験することで、さまざまな状況に対応できる専門家とみなされます。そのために、専門的な知識と技術を身に付けて介護職として仕事を続けていけば、一般の会社員よりも、いざというときの転職や再就職には有利になるのです。職業人として働くうえで、実力をつけ、それが人の役に立ち、認められていくことを実感できるのは、やりがいがあることでしょう。

少子高齢化が進み、介護分野の人材確保の必要性は年々高まっています。そのため、介護の求人は現在盛んに募集されている状況です。