大きな声が出せるかどうか

ガソリンスタンドに行くと大きな店員の声が飛び交い誘導します。お客様は窓の閉まった車に乗りながら入ってくるので、大きな声で誘導しないと聞こえないのです。窓が開いていたとしてもエンジンの音などで基本的にうるさくなるので、どちらにせよ大きな声は必要不可欠です。誘導に失敗すれば車をこすってしまうなど大きな問題にも発展します。なので性格的に大きな声が出せないなどの場合は難しいですし、逆に声が出るのであれば向いていると言えます。

基本的に車が好きであること

ガソリンスタンドの形態にもよりますが、スタンドによってオイル交換やタイヤ交換などの作業が付随するので、車に対する好奇心がないと難しくなります。セルフなどでこういった作業が無い場合は車の知識や好奇心がなくても務まるかもしれませんが、興味のないことに毎日携わるのは苦しいことかと思います。車が好きであれば毎日色々な車を見ることができ、憧れの車のメンテナンスもできるのでワクワクしながら働くことができるものです。

危険物取扱者の資格は有利

ガソリンスタンドで働くにおいて危険物取扱者の有資格者であることは重要なことです。携行缶への給油は利用者自らが行うことができないので、危険物取扱者の資格を有している店員にやってもらう必要があります。入社後のサポートがあれば良いですが、最初から有資格者であれば採用される可能性はグンと上がります。いかがでしたか?ガソリンスタンドは基本的に夏は暑く冬は寒いという環境で働くことになるので、そういった部分も考えなければなりません。

ガソリンスタンドでのバイトは、基本的には誰でも出来る内容の業務ですので、整備などもする事もなく安心して働く事が可能です。